動物の魅力


by mjdpkolozy
 5日午前5時半ごろ、青森県十和田市東二十二番町にあるアパートの一室で、住人の無職、佐藤克久さん(68)が死亡しているのを、近くに住む家族が発見した。県警十和田署は遺体の状況などから殺された可能性が高いとみて、殺人容疑で捜査を始めた。

 近所に住む男性らによると、佐藤さんは1人暮らしで、4日に入居したばかりだったという。現場は市役所の東約3キロで、アパートや水田が点在している。【鈴木久美】

【選抜高校野球】帝京 快音なし4強逃す(産経新聞)
郵政改革案「亀井氏案で進める」=預入限度額は2000万円軸−鳩山首相表明(時事通信)
<高速道新料金>夜間・通勤3割引きに…激変緩和で年度内(毎日新聞)
沖縄の部隊を旅団化=南西諸島の防衛重視で陸自(時事通信)
<火災>アパート全焼、焼け跡から2遺体 相模原(毎日新聞)
[PR]
# by mjdpkolozy | 2010-04-05 13:14
 日米間の「密約」重要文書の一部が破棄されたと指摘された問題で、衆院外務委員会は24日の理事会で、東郷和彦元外務省条約局長から文書を引き継いだとされる谷内正太郎前事務次官の参考人質疑を行うかどうかを協議した。鈴木宗男委員長が招致に積極的な姿勢を示したが、自民党が「まずは外務省の調査が大事だ」と難色を示し、平行線に終わった。4月上旬に外務省有識者委員会の坂元一哉大阪大大学院教授、春名幹男名古屋大大学院教授ら4人から意見を聞くことでは合意した。【野口武則】

【関連ニュース】
日米密約:文書「破棄」を第三者委で調査へ
非核三原則:鳩山首相に長崎市長らが法制化を要請
日米密約:リスト定かな記憶ない…藤崎駐米大使
日米密約:「破棄」文書、外務省が調査へ
村田元外務次官死去:日米密約調査を後押し

東京コレクションが開幕=TOKYOモードを世界へ発信(時事通信)
小泉被告に死刑判決=元次官ら連続殺傷−さいたま地裁(時事通信)
<嵐電>みやびな「京紫」色の車両公開 100周年でお色直し(毎日新聞)
無償化除外を批判した兵庫知事などに脅迫状(産経新聞)
時効まで1年、犯人捜す父のビラ配布20万枚(読売新聞)
[PR]
# by mjdpkolozy | 2010-03-31 18:19
 月経のある女性が毎月お世話になる生理用品の代表格といえば、ナプキンとタンポン。皆さんはふだん何を基準に選び、使用していますか。「いつも使っているものだから…」という“何となく”派ではないですか? 今も昔も変わらない日常生活での生理をめぐる悩み。積極的な生理用品選びは、生理を快適にして、自分の体を知ることにつながるのです。(河西沙英子)

 ◆ナプキン派8割

 生理用品の国内シェア1位を占めるユニ・チャーム(東京都港区)が、18〜49歳の定期的に生理がある全国の女性(妊娠中の人は除く)を対象に昨年12月、インターネットで行った「生理用品に関する1万人調査」によると、日本人女性の76・5%がナプキン使用者であるのに対してタンポン使用者はナプキン併用含め23・0%にとどまった。

 生理時の悩みについて、もっとも多かったのが「経血のもれ」で、9割が「気になる」と回答。「におい」「蒸れ」「かぶれ」を気にする声も半数以上あった。

 ナプキンは体勢を変えたときにずれることがあり、万一もれたときのために、「薄い色の服は着ない」(79・0%)「運動を控える」(46・4%)など、日常生活に制約をもうけている人が多いことがわかった。

 ◆タンポンの勧め

 こうした現状に、神奈川県立汐見台病院産婦人科産科、早乙女智子副科長(48)はタンポンの使用を勧める。

 「体内で経血を吸収するタンポンは、もれや蒸れなど、ナプキン使用時に起こる問題をほとんどクリアできます」

 ナプキンよりも小さいタンポンは、旅行時にかさばらずに済み、温泉やプールにも入ることができる。

 これらは女性だれもが分かっているはずなのに、なぜ使用率が低いのか。早乙女さんは理由として、装着に慣れが必要で、初めて使うときには、ナプキンよりも「抵抗感」があることが考えられる、という。

 生活の中でも月経は高度にプライベートな事柄。そのため、友人の間でも生理用品について話題にしにくいという事情はある。しかし、せっかくのメリットを生活に生かさないのはもったいない。

 ◆本当に合うものを

 最近では布ナプキンや水に流せるものなど生理用品も多様になってきた。自分に本当に合うものを見つけてほしいと早乙女さんは話す。

 「生理用品の選択肢を積極的に検討することで、自分の体を見つめるきっかけとなります。自分に適した生理用品を使えば、月経によって起こる痛みなどの生活上の不都合を和らげ、快適な毎日を過ごすことができます」

 また同時に、月経の仕組みや、自分の体のサイクルを意識することにつながる。さらに体への意識は、避妊や子宮内膜症などの婦人科系疾患についても関心を持つきっかけとなるという。

 「女性が自分の体を管理する姿勢は、まず生理用品をしっかり選ぶことから始まると思います」。早乙女さんはこう強調した。

                   ◇

 ■画期的「シンクロフィット」

 「ナプキンとタンポンの中間」と表現される新しいタイプのナプキンが登場している。ユニ・チャームが平成20年に製品化した「シンクロフィット」はナプキンより小さく、女性の体にフィットする挟むタイプ。使用後はトイレに流せるというのが最大の特徴で、訪問先などで使用済み生理用品の処分に困るといった悩みを解決する画期的な製品だ。ナプキンは外で吸収、タンポンは中で吸収するが、「シンクロフィット」は経血の出口で吸収する。足さばきもよく、ずれやもれの恐れが低いため、動作の多い仕事の女性に向いているとされる。「シンクロフィット」の前身の商品も含め、開発に8年かかった。

首相「東アジア共同体構想を現実に仕立てる」(産経新聞)
張が2連勝=囲碁十段戦(時事通信)
<普天間移設>「県外あきらめていない」…参院委で首相(毎日新聞)
ショートステイの取り組み事例で意見交換―東社協(医療介護CBニュース)
交通死1000人超す=昨年と同じ日に−警察庁(時事通信)
[PR]
# by mjdpkolozy | 2010-03-29 16:59
 1963年、石川県から出港した後に行方不明となり、死亡認定後に北朝鮮での生活が確認された寺越外雄さん=失跡当時(24)=について、神戸市の兄文雄さんが、海上保安庁に死亡認定取消願を提出したことが24日、分かった。寺越さんはその後、北朝鮮で死亡したとされる。
 支援団体によると、寺越さんは63年5月、親族2人と漁船で出港後に行方不明となり、その後海上保安庁が死亡認定した。しかし、87年に寺越さんから手紙が届き、北朝鮮での生存が判明。現地で結婚し子供もできたが、94年に死亡したとされる。
 支援団体は「取り消されれば事実上の拉致被害者と認定され、子供が日本国籍を得て帰国しやすくなる」と話している。 

【関連ニュース】
【特集】緊迫!朝鮮半島〜金総書記、「余命は3年」〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕日本人拉致事件
〔写真特集〕若き日の金正日氏〜知られざる素顔〜
朝鮮学校、無償化見送りを=「思想教育を実践」

B級グルメフェスタが岡山・津山で開幕 16県から54品目(産経新聞)
「すばる」後継などに予算を 日本学術会議 大型研究計画43件提言(産経新聞)
「娘の首絞め火つけた」 寝屋川 放火未遂容疑で女逮捕(産経新聞)
成績入力メモリー、児童が歩数計と思い持ち帰り(読売新聞)
普天間 本音見せぬ首相 関係者に広がる疑心暗鬼(産経新聞)
[PR]
# by mjdpkolozy | 2010-03-27 08:31
 社民党は25日、党本部で常任幹事会を開き、政府提出の同意人事案について党として同日の衆院本会議と26日の参院本会議で賛成することを決めた。同党は原子力安全委員会委員に班目(まだらめ)春樹東京大大学院教授を起用する案に難色を示していたが、これまでの平野博文官房長官との協議で、同意人事について与党内で意思疎通を図る仕組みを検討することで合意したため賛成に転じた。党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は23日の閣議で同意人事案の署名に応じている。

【関連記事】
福島氏、同意人事案に署名「反対ではあるが、署名はやむなし」
福島さん、矛盾しませんか? 国会同意人事で
鳩山政権半年 「小沢独裁」に決別の時 腐敗是正と国益重視で結集を
“脱官僚”崩壊 「適材適所」と開き直り
焦点は「小沢氏の進退」予算成立で参院選まで4カ月

広末涼子さん、幼稚園に行く途中で接触事故(産経新聞)
鳥取の海岸水死、上田被告が当日に着替え購入か(読売新聞)
非核三原則、法制化は困難=岡田外相(時事通信)
<第二京阪道路>20日に全面開通…国道1号渋滞緩和へ期待(毎日新聞)
橋下知事の生激論見られるのに…議会傍聴なぜか空席(産経新聞)
[PR]
# by mjdpkolozy | 2010-03-25 19:51