動物の魅力


by mjdpkolozy

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 東京都板橋区の不動産賃貸業瀬田英一さん=当時(74)=宅で、瀬田さんと妻千枝子さん=同(69)=の遺体が見つかった殺人・放火事件が発生から1年がたつのを前に、警視庁板橋署捜査本部は23日、「1年前の雷雨の日」と書かれた情報提供を求めるチラシを配布した。
 捜査員らは午前10時ごろ、東武東上線大山駅前の商店街などでチラシ3000枚を配布。同庁の若松敏弘捜査1課長は「凶悪で卑劣な事件。1件でも多くの情報を」と呼び掛けた。
 事件は昨年5月25日午前0時半ごろに発覚。瀬田さん宅から出火し、焼け跡から夫婦の遺体が見つかった。2人とも鈍器で殴られた上、片刃で細身の刃物で胸などを刺されていた。
 現場で油が検出され、襲われた後、放火されたとみられる。瀬田さんは資産家として知られ、家の中から数千万円の現金が見つかった。捜査本部は強盗目的の可能性があるとみている。
 捜査員約40人が専従で捜査しており、事情を聴いた人は8000人を超える。「男が家の前に立っていた」などの情報が約70件寄せられた。
 近所の無職男性(63)は「すごい雷の夜で今でも覚えている。もう1年たってしまったのか」と語った。
 情報提供は板橋署捜査本部の直通電話03(5272)0110まで。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真
シティバンク副支店長2人を逮捕=タクシー運転手殴る
西日本で大雨、東に拡大へ=低気圧北上、警戒を
47歳作業員と長女逮捕=76歳男性殺害、放火容疑
47歳男と娘を逮捕へ=76歳男性殺害、放火事件

感染症サーベイに「課題」―感染研・岡部センター長(医療介護CBニュース)
酔って市営地下鉄の駅員に暴行…したのは大阪市職員、逮捕(産経新聞)
新潟の遺棄事件、胴体に刺し傷4か所(読売新聞)
携帯「無料」ゲームに甘いわな アイテム購入で高額請求(産経新聞)
<朝鮮総連>議長ら再任 朝鮮学校への高校無償化適用求める(毎日新聞)
[PR]
by mjdpkolozy | 2010-05-28 16:27
 小沢一郎氏の再聴取は、東京地検特捜部が入る検察庁舎から、日比谷公園をはさんで真向かいに見える東京・内幸町の帝国ホテル東京で行われた。政権与党の幹事長が3回も聴取を受ける異例の事態。小沢氏はホテルの一室で検事とどう向き合ったのか。聴取前、自宅を出てホテルに向かう小沢氏は口を真一文字に結んだままだった。

 東京都世田谷区の自宅から小沢氏が姿を見せたのは午後0時15分。足早に車に乗り込み、港区の小沢氏のマンションに向かった。その後、マンションを出た小沢氏は、スーツ姿でワンボックスカーの後部座席に座り、背筋を伸ばして前を見据えた。

 午後2時半すぎ、小沢氏が乗る車がホテル裏口から地下駐車場に入る。これと前後して、ホテル周辺には100人以上の報道陣が次々と集まり、玄関や出入り口そばにはカメラマンらの脚立の列が物々しく並んだ。

 館内の宴会場では結婚披露宴が複数行われており、新郎新婦が記念撮影をしたり、多くのドレス姿の客が行き交っていた。都内の会社役員、金本正一さん(68)は「小沢さんですか? 再聴取は当然。最低でも幹事長は辞職するべきだ」と話した。

【関連記事】
小沢氏3回目の聴取 東京地検、「起訴相当」議決受け
谷亮子、スポーツ担当相で入閣か…鳩山“起死回生”衝撃策
小沢氏切れば支持率回復も 渡部氏、首相に“提言”
小沢幹事長 なぜ証人喚問に応じない
小沢氏、17日までに聴取へ 指揮命令権どこまで「共謀認定」焦点

19万台依然不明 パロマ湯沸かし器 回収続く(産経新聞)
郵便不正、凛の会元会員に有罪…大阪地裁(読売新聞)
枝野氏、小沢の説明責任に期待(産経新聞)
米政府、くい打ち方式を正式拒否 「ミサイル攻撃に弱い」 日本政府案振り出しに(産経新聞)
党内圧力?意気地なし? 民主「横粂の乱」一転終息(J-CASTニュース)
[PR]
by mjdpkolozy | 2010-05-20 03:32
 パチンコ攻略法の雑誌広告を見て購入した情報が虚偽で被害を受けたとして、堺市の会社員男性(29)が雑誌発行元の「未来インターナショナル」(大阪市)と広告代理店「クエスタ」(東京)に255万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が12日、大阪地裁であった。後藤誠裁判官は「広告内容を何ら確認していない」として両社に約76万円の支払いを命じた。
 男性の弁護団は「非常に画期的な判決だ。悪徳商法広告の安易な掲載に対し警鐘となる」と評価した。
 判決は「広告に対する読者の信頼は、雑誌や発行者に対する信頼と全く無関係ではない。雑誌社や広告代理店は読者に不測の損害を及ぼすことを予見した場合には、真実性を調査確認する義務がある」と指摘した。
 その上で「日額10万円以上」などとした打ち子募集広告に関し「真実性に疑念を抱くべき特別の事情があった」として両社の過失を認めた。ただ、男性の過失についても「相当に大きい」とした。
 クエスタの話 判決文を見ていないので、コメントできない。 

元巨人・中畑清氏、たちあがれ日本から出馬へ(読売新聞)
インド軍との物資融通検討=国際貢献で連携、対中けん制も−防衛省(時事通信)
NPT会合 81歳、非核の叫び 400人前に谷口さん(毎日新聞)
元・若乃花が設立、ちゃんこ店運営会社が破産(読売新聞)
介護保険見直しに向け意見を募集―共産党国会議員団(医療介護CBニュース)
[PR]
by mjdpkolozy | 2010-05-12 19:28